BLOG

スマートホームなどの最新技術を取り入れているウーブンシティとは? トヨタがゼロから作り上げる街!

自動車メーカーが「街」をゼロから作り上げるという壮大な計画が動き始めました。2020年1月7日、トヨタはアメリカ・ラスベガスで開催された世界最大規模のエレクトロニクス見本市「CES 2020」で、開発中の「ウーブンシティ」プロジェクトを発表しました。ウーブンシティはあらゆるモノやサービスがつなが

スマートホームで高齢者の見守りが簡単にできる! 離れていても家族と繋がれて安心、孤独死を回避する

近年、高齢者の一人暮らしや夫婦暮らしが増えてきています。総務省政策白書によると、65歳以上の高齢者のうち8割以上は、経済力もあり介護を必要としない「アクティブシニア」だそうです。老人ホームには入りたくないが、一人暮らしは不便で不安であり、駅前の便利なマンションに引っ越したくても孤独死リスクで入居でき

スマートホームデバイスは災害時に役に立つ? 災害時に役立つかもしれないスマートホーム商品を紹介!

あらゆるモノがインターネットに接続され、私たちの生活は日々便利で快適なものへと進化していっています。その担い手であるスマートホームは徐々に普及しはじめています。非常に便利なスマートホームですが、災害時に役立つことはできるのでしょうか。今回はスマートホームと災害について解説します。災害大国

スマートホームとロボットにとって重要な要素とは? ずっと自宅で暮らせる住まいづくりを実現するロボティックスマートホーム

幅広い家事に対応する多種多様な新しいデバイスや技術により、居住環境の快適性が増し、家でくつろぐということの認識が変わりつつあります。家庭のニーズに応えるだけでなく、ニーズを先読みして対処するデバイスが登場すると言われています。Google のサーモスタット「Nest」や Amazon のパーソナ

スマートホーム化が進めば家事は時短できる? 洗濯や掃除を楽にしてくれるスマートホームと連携したIoT家電とは?

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、自宅で過ごす時間が大幅に増えました。それにともない家事の頻度が増えたことを実感している人も多いのではないでしょうか?家事というと「掃除、洗濯、料理」が浮かびますが、実際にはそれ以外にもたくさんあります。さらに子育ても加われば主婦の日常は大変忙しいものになり

スマートホーム家電で空気質改善できる? スマート空気デバイスについてまとめてみた

新型コロナウイルスが世界的に流行したことで、多くの時間を室内で過ごすことになりました。一般的な成人の呼吸回数(1日)は約2~3万回と言われています。そのため、平均的な1回あたりの呼吸量を500mlで計算した場合、1日に20kgの空気を体に取り入れていることになります。「水」や「食事」と同じように「空

スマートホーム化に必要なものは? 安定したインターネット環境(Wi-Fi)が必須な理由!

IT技術が発展したことにより、私たちの生活はより便利で快適にしてくれるサービスや製品に溢れています。そうした中、スマホ一つで連系できるスマートホームも徐々に浸透しつつあります。スマートホームを快適に利用するために必要なもの、それは安定したインターネット環境(Wi-Fi)です。今回はスマートホ

スマートホーム化を進めるスマートホームカメラ! 従来の防犯カメラとは違いリアルタイムで確認できる

スマートホーム商品はたくさんの用途があります。たとえば、スマートホームカメラはスマートフォンのアプリと連動し、リアルタイムの映像と音声をチェックすることができます。スマートホームカメラは家の中のスマート化を進め、毎日の生活をより便利に、またスムーズにすることができる商品です。スマートフォンだ

スマートホームに立ちはだかる物理スイッチ! 「Switch Bot」を使って解決しよう

アレクサなど、スマートスピーカーを導入してスマートハウス化を始めた時、1つの壁にぶつかるでしょう。それは、PCや家電製品などオン/オフのある物理スイッチです。アレクサは連携したテレビや湯沸かし器へ指令を出すことはできますが、物理的なスイッチは押せません。そこで、Wonder Tech Labの「Sw

スマートホームを加速化させるアレクサ! 使いこなせば非常に便利な生活が待っている

「アレクサ〇〇して」と声をかけるだけで、電気を点けたり音楽を流したりする光景は、一昔前では映画の中のお話でした。しかし、アレクサというスマートスピーカーのサービスを使うと、音声だけで家電が動くスマートホームは実現できます。しかし、アレクサは定形アクションやスキル設定などの初期設定だけでは便利に使いこ

TOP