BLOG

スマートホームのプライバシー問題とは? 日常会話がサーバ上に漏れ出す可能性もある!

スマートホームを高齢者住宅に使うことで、介護の人材不足を補う手段の一つとなります。たとえば、スマートカメラや人感センサーなどによる遠隔見守りやスマートスピーカーにより声だけでIoT機器を操作することができます。しかし、見守りを監視に感じる高齢者やインターネットに繋げることで情報漏れのリスクなど、

スマートホーム発祥はアメリカ? スマートホーム普及には個別デバイスと連携・管理するプラットフォームサービスが重要!

2021年11月03日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、世界のスマートホーム市場は、2020年には約765億米ドルとなっており、2021年から2027年の予測期間中に約10.4%の健全な成長率で推移すると予想されています。アメリカでは、20%以上の住宅にスマートホームが導入さ

スマートホームのセキュリティガイドラインの目的はサイバーセキュリティ上の技術的な対策と管理項目の明確化

現在、IoT機器や関連システムの開発が様々な産業分野において進んでいます。しかし、安全安心の基準が異なるシステムが相互接続することで、当初は想定していなかったリスクが顕在化することも懸念されています。守るべきものやリスクは産業分野によって違いがあり、各産業分野の特性に応じたセキュリティ対策の検討が必

スマートホームなどの最新技術を取り入れているウーブンシティとは? トヨタがゼロから作り上げる街!

自動車メーカーが「街」をゼロから作り上げるという壮大な計画が動き始めました。2020年1月7日、トヨタはアメリカ・ラスベガスで開催された世界最大規模のエレクトロニクス見本市「CES 2020」で、開発中の「ウーブンシティ」プロジェクトを発表しました。ウーブンシティはあらゆるモノやサービスがつなが

スマートホームデバイスの市場規模は今後有利に成長していく? スマートフォン普及率増加で加速する市場規模!

スマートホームの市場規模は株式会社グローバルインフォメーションによると、2021年の845億米ドルからGAGR10.4%で成長し、2026年には1,389億米ドルに到達すると予測されています。Report Oceanによると、2020年の世界のスマートスピーカーの市場規模は約71億4,000万米ドル

スマートホームのビジネスモデルはIoEで多様化・変革化する? IoEは「IoTが実現された世界のゴール」

現在、スマートホームのビジネスモデルとしては、エアコンや冷蔵庫、腕時計など、身近なモノがインターネットに情報を伝えるIoTが主流ですが、さらに進化してヒトやサービス全てを内包したIoEが普及されると予測されています。今回はスマートホームのビジネスモデルについて解説します。IoEはインターネッ

スマートホームが実現できる未来とは? IoTの進化とスマートホームの課題が未来化を加速させる!

身の回りのあらゆるものがインターネットにつながることで、私たちの生活を非常に便利にしてくれる新しいサービスが次々と生み出されています。その代表例が「スマートホーム」です。インターネットが当たり前になった現在、スマートホーム化は年々進化しています。家そのものがインターネットにつながり、声(スマートスピ

スマートホームのプラットフォーマーとは? 住宅機能一括管理・制御可能なプラットフォームがスマートホーム化を加速させる!

現在、様々なスマートホームの製品とそれに連携するIoT製品が世の中に出ています。プラットフォーマーによってその便利さを知った私たちにとってスマートホーム製品は身近になりつつあります。スマートホーム製品は世の中にたくさん出ていますが、ただ自動的な機能がついているだけではそれほど魅力を感じません。何

成長し続けるスマートホームの世界市場! 日本発のスマートホーム国際規格開発がもたらすメリットとは?

スマートホームの市場規模は、2020年の783億米ドルから2025年には1,353億米ドルに達し、11.6%のCAGR(年平均成長率)で成長すると予測されています。スマートホーム市場の牽引要因として、インターネット利用者の増加、発展途上国における消費者の可処分所得の増加、遠隔地でのホームモニタリング

スマートホームで高齢者の見守りが簡単にできる! 離れていても家族と繋がれて安心、孤独死を回避する

近年、高齢者の一人暮らしや夫婦暮らしが増えてきています。総務省政策白書によると、65歳以上の高齢者のうち8割以上は、経済力もあり介護を必要としない「アクティブシニア」だそうです。老人ホームには入りたくないが、一人暮らしは不便で不安であり、駅前の便利なマンションに引っ越したくても孤独死リスクで入居でき

TOP