製品・サービス

スマートキーは玄関ドアの不満を解決する?スマートホーム化にオススメなスマートキーとは

荷物を持っている状態でカバンの中から鍵を探すのは一苦労です。できれば玄関のドアは車のドアのようにボタンひとつでスムーズに出入りしたいと考える方は多いのではないでしょうか。こんな悩みを解決してくれるのが「スマートキー」です。

スマートキーを玄関ドアに導入すれば非常に便利ですが、防犯面への不安やメンテナンスや停電時に対する不安が浮かび上がってきます。今回は手軽に自宅をスマートホーム化できるスマートキーの基礎知識やメリットとデメリットなどを解説していきます。

スマートキーとは

スマートキー(電子錠)とは、従来のようにシリンダー(鍵穴)へ鍵を差し込むことなく、簡単に玄関ドアを施錠・開錠できるシステムのことです。車のスマートキーをイメージするとわかりやすいでしょう。

スマートキーは財布や手帳型スマートフォンケースに入る程のサイズなので、軽くて持ち運びにも便利です。

スマートキーの動力と種類

スマートキーの動力は電源式と電池式に分かれます。

  • 電源式:電池交換の必要はないが電気工事が必要。停電時はスマートキーが使えず非常用アナログキーを使うことで開錠可能
  • 電池式:乾電池で動くため電池交換が必要だが停電時でも使用でき、電気工事が不要

下記からそれぞれのスマートキータイプを紹介します。従来ある玄関ドアを、各スマートキー対応に変更する費用相場は約5万円から10万円ほどとなります。

リモコンキー

リモコンキーとは重い荷物を持っていても、玄関ドアに近づけば片手で簡単にボタンを押すだけで鍵を施錠・開錠できるスマートキーです。変更費用相場は、約5万円から10万円ほどとなります。

カードキー

カードキーとは、磁気カードやICカードをカードキー対応の錠前にかざしたり通したりすることで玄関ドアなどを施錠・解錠できるスマートキーです。

スマートフォン自体を鍵にしてしまうスマートロック

スマートロックとは、スマートフォンなどと連動させて使うスマートキーのことです。カードキーのようにスマートフォンをかざして施錠・解錠でき、鍵をかけ忘れても専用アプリを通じて外出先から遠隔操作することも可能です。変更費用相場は、約3万円から6万円ほどとなります。

暗証番号タイプ

暗証番号タイプとは、任意で設定・登録した暗証番号やパスワードによって施錠・解錠できるスマートキーです。入力するだけなので、鍵を外に持ち歩く必要がないので鍵自体をなくす心配がありません。

生体認証錠タイプ

生体認証錠タイプとは、あらかじめ登録してある指紋や顔を読み取って施錠・解錠できるスマートキーです。第三者によって開錠される心配はありませんが、手が濡れていたり荒れていたりするとうまく認証してくれない可能性があります。

また、変更費用相場は、約8万円から20万円ほどと他のスマートキーよりも高くなっています。

スマートキーのメリット

スマートキーを玄関ドアへ導入するメリットを紹介します。

両手がふさがっていても面倒な作業をすることなく鍵を開けることができる

1つ目は「両手がふさがっていても手間をかけることなく鍵を開けることができる」ことです。

スマートキーを導入する最大のメリットは、両手がふさがっている状態でも簡単にドアを開けられる便利さです。一度登録や設定を行ってしまえば、荷物で両手がふさがっていたりしてもカードをかざしたり、リモコンのボタンを押すだけで玄関ドアが開くため、施錠・解錠の手間や時間、ストレスを大幅に減らすことができます。

鍵を選ぶ作業が減る

2つ目は「鍵を選ぶ作業が減る」ことです。

一般的に同じ家の中であっても、ドアの鍵ごとに鍵穴を用意しなければいけません。しかし、スマートキーは1つのリモコンに複数のドアを登録することができます。二世帯住宅など、家族が2つ以上のドアを日常的に使う場合も一種類の鍵で開錠可能なので、自分の家の鍵はどっちだったかと選ぶ作業が減ります。

鍵の追加が簡単にできる

3つ目は「鍵の追加が簡単にできる」ことです。

スマートキーはメーカーや製品によって異なりますが、鍵の追加が簡単にできます。玄関ドアメーカーのサイトショップからリモコンキーを追加注文して、自分でドアの登録ボタンなどの操作をして登録することで増やすことが可能です。ただし、シリンダー錠に比べ費用は高く、一般的には3〜4週間かかります。

鍵を紛失しても丸ごと交換せずに無効化できる

4つ目は「鍵を紛失しても丸ごと交換せずに無効化できる」ことです。

シリンダー錠の場合、鍵を紛失するとシリンダー(鍵穴)を交換しなければいけません。状況によっては、錠前を丸ごと交換する必要があります。

錠前とは扉に取り付けられた鍵全体やその仕組みのことであり、シリンダー(鍵穴)、サムターン、錠ケース、ドアノブなどすべて含まれます。錠前自体の価格が高く、さらに交換する工程も多いので交換費用は高くなります。錠前は安くて10,000円程度、作業費が30,000円程度なので、合計40,000円以上かかると覚えておきましょう。

しかし、スマートキーはシステムに内蔵された電子的な部分を変更するだけでOKなので紛失しても、シリンダーのようにキーシステムを丸ごと交換せずに済みます。たとえば、学校に通うお子さんに鍵を持たせて万が一失くしたとしても、そのカードキーの登録内容やデータを無効にすることで即座に対応可能なので安心して持たせることができます。

合鍵を不正に複製されるリスクが少ない

5つ目は「不正に合鍵を複製されるリスクが減る」ことです。

シリンダー錠の鍵は形状や番号などの情報があれば簡単に複製ができてしまうので、合鍵を不正に複製されるリスクがあります。たとえば、投稿した写真に鍵が写り込んでいたため、画像から鍵の形状を解析し、3Dプリンターで複製することも技術的には可能です。

しかし、スマートキーは普通の鍵屋では合鍵作成が難しいため、不正な複製のリスクがその分減ります。暗証番号錠やスマートロックなど、キーレスタイプのスマートキーを導入すれば、盗まれたり、複製されたりされる被害にあう可能性が減り、防犯性を高めることができるでしょう。

不正開錠の対策が万全

6つ目は「不正開錠の対策が万全」なことです。

スマートキーにはツーロックやピッキング防止機能、こじ開け防止機能など、不正開錠への対策が万全に施されています。具体的にいうと、「片方の鍵を開けてから50秒以内にもう片方の鍵を開けないと自動で施錠される機能」や「玄関ドアを閉めると自動で鍵がかかるオートロック機能」などがあります。そのため、シリンダー錠よりも防犯性が高いといえるでしょう。

スマートキーのデメリット

スマートキーを導入することで手軽に手間をかけることなく玄関のドアを開閉できますが、デメリットもあります。

様々な締め出される可能性がある

1つ目は「様々な締め出される可能性がある」ことです。

多くのスマーキーに搭載されているオートロック機能は鍵の閉め忘れ防止など防犯面で非常に頼もしい機能なのですが、鍵を持たずに外へ出てしまうと締め出されてしまう可能性があります。他にも下記のような締め出し例があります。

  • スマートフォンを置き忘れたり紛失したり、バッテリー切れを起こしたりして締め出し
  • 暗証番号スマートキーを導入し、暗証番号を忘れたり、メモを紛失したりして締め出し 
  • 停電や電池などによりスマートキーのドアノブセンサーが作動せず締め出し など

締め出される危険性が高いなと感じた場合は、初期ではオンになっているオートロック機能をオフに設定変更するか、ちょっと外に出るだけの場合はサムターンを回して手動で開錠するようにしましょう。

保管場所を玄関にすると勝手に開錠される危険性がある

2つ目は「保管場所を玄関にすると勝手に開錠される危険性がある」ことです。

スマートキーを玄関付近で保管すると、スマートキーを携帯してドアに近づいた状態、つまり認証範囲に入った状態だと認定され、音から玄関のボタンを押されて開錠されてしまう危険性があります。

大体のリモコンタイプのスマートキーはボタンを押して開錠する時だけ電波を発しますが、中には自動車のリモコンキーと同じく常時電波を発しているタイプのスマートキーもあります。この場合、スマートキーから発せられる電波を遮断するために金属製の缶などに入れて保管しましょう。

デメリット導入コストがシリンダー錠より高い

3つ目は「デメリット導入コストがシリンダー錠より高い」です。

スマートキーは、従来のシリンダー錠よりも導入コストが高く、約5〜10万円程度の差額があります。また、合鍵を作成する場合メーカーに複製依頼しなければいけないため一般的に3〜4週間ほどかかり、作成費用もシリンダー錠の鍵を複製するよりも高くなります。

スマートキーのあとづけを検討する際の注意点

スマートキーのあとづけを検討する際は下記のことに注意しましょう。

スマートキーのあとづけ依頼は選ぶところから専門業者へ相談する

1つ目は「スマートキーのあとづけ依頼は選ぶところから専門業者へ相談する」ことです。

スマートキーを既存の玄関ドアに後付する場合、専門業者へ依頼します。電源式のスマートキーは配線作業が必要なため、電気工事士の資格を持つ人しか設置できないと法律で決まっているからです。電池式のスマートキーは資格はいりません。しかし、玄関ドアへスマートキーを自力で取り付けた場合、メーカー保証の対象外になる可能性が高くなるだけでなく、失敗したら防犯面など大変なことになります。

また、ネット通販で自分で購入したスマートキーを取り付けてもらう場合、別途料金が発生して割高になる可能性があるので、玄関ドアにスマートキーを導入する場合はスマートキー選びから専門業者へ相談しましょう。

15年以上経過している場合は玄関ドア丸ごとリフォームを検討する

2つ目は「15年以上経過している場合は玄関ドア丸ごとリフォームを検討する」ことです。

玄関ドアのパーツはだいたい10年から15年ほどで寿命を迎えるため、補修すると費用が高くつきます。なので、スマートキーの後付を検討している際に設置から15年以上経過して不具合が現れている場合、玄関ドアの丸ごと交換リフォームを検討しましょう。

スマートキーを導入するならスマートスピーカーと連携しよう

スマートキーをスマートスピーカーに接続することで、音声による玄関ドアの鍵を開けたり閉めたりできます。たとえば夜寝る前に、「玄関の鍵を閉めて」と話しかければ、閉め忘れる心配がありません。また、食事中にお客さんが訪ねに来ても開けてとスマートスピーカーに話しかけることも可能です。

スマートスピーカーに関しては下記のリンクに詳しく記載しているので合わせてお読みください。

併せて読みたい

 

また、スマートホーム製品には完全ハンズフリーで開錠・施錠ができるスマートロックというものが出ています。2022年にはスイッチボットシリーズからもスマートキーシステムが出ているので、工事やリフォームが面倒くさいと思う方はそちらも検討してみると良いでしょう。

まとめ

今回は手軽に自宅をスマートホーム化できるスマートキーの基礎知識やメリットとデメリットなどを解説してきました。以下まとめになります。

  • スマートキーとは、スイッチを押したりカードやスマートフォンなどをかざすことで簡単に玄関ドアを施錠・開錠できるシステムのこと
  • 後付けで玄関ドアにスマートキーを導入する場合は自分でするより専門業者に相談する
  • 玄関ドアが設置15年以上で不具合が出始めた場合、パーツ交換よりも玄関丸ごとスマートキーにリフォームがオススメ

スマートキーは鍵を持ち出すのを忘れると締め出されてしまったり、保管場所によっては勝手に開錠されるなどのデメリットはありますが、従来のシリンダー錠に感じる不便さや防犯性からのリスクが減るため、非常にメリットがあります。

また、スマートスピーカーと連携することで音声による操作ができるのも魅力的です。スマートキーはスマートホーム化の入り口として非常にオススメといえるでしょう。様々な種類があるので、玄関ドアが15年以上の場合はこの機会に専門業者と相談しながら丸ごとリフォームとしてスマートキーを導入してみてはいかがでしょうか。

関連記事

TOP