製品・サービス

スマートホームをスマホ1つで実現させるAppleの「HomeKit」

スマートホーム製品は増々私達の生活を豊かにします。スマートホーム製品をiphoneのホームアプリだけで操作・管理できたら、さらに便利になるでしょう。
「HomeKit」は、Apple製品にホームアプリをインストールすることで、外出先や音声だけでも登録した全てのIoT機器やスマートホーム機器を1つのアプリで操作できます。組み合わせ次第で電気をつけると同時にドアを開錠させることもできます。今回はスマートホームをスマホ1つで実現させるAppleの「HomeKit」について解説します。

AppleのHomeKit

AppleのHomeKitとは、Appleが開発したIoTシステムのサービス名およびソフトウェア名(スマートホームの基盤)のことです。
iOS、iPadOS、macOS、watchOSなどで利用可能なIoTアプリケーションで、Siriまたは「ホーム」Appから家電や住宅設備を操作・管理できます。

Amazon Echoなどのハブとスマートホーム対応機器を導入した環境では、スマートスピーカーやスマホにより、声で対応機器をコントロールしたり、外出先から操作したり出来るようになります。
HomeKitをベースとした仕組みはそれをiPhoneからでも実現できるようにします。
つまり、HomeKitとは、iPhoneをはじめとしたiOS搭載機器でスマートホームを実現するための仕組みです。

HomeKitは、iPhoneだけではなく、Mac OSやApple TVなどのApple製品であれば同様にホームアプリがインストールされていますので、同じアカウントでログインさえすれば、どこからでも家電を操作できます。
ただし、HomeKitのホームアプリはプラットホームアプリですので、IoT家電をアプリに登録することで、はじめて対応家電をApple製品から操作できるようになります。

ホームアプリに登録できるアクセサリとは

ホームアプリに登録できるアクセサリとは、Homekit対応製品のことです。
Homekit対応製品には「Works with Apple HomeKit」のマークがついています。
日本の製品はまだ少なく、欧米の製品や、中国の製品が多い印象です。但しAmazonでも一部購入できますし、Appleの公式ストアでも購入することができます。

Homekit対応機器でなくても使えるHomebridge

AppleホームアプリはHomeKit対応のものでないとアクセサリ追加ができませんが、Linuxやプログラミングの知識がある方であれば、「Homebridge」と呼ばれるエミュレータのようなものを使うことで、公式にはホームアプリに対応していないものもホームアプリ上から操作することもできます。
HomebridgeはLinux系OSの上にNode.jsと呼ばれるJavaScript系のコードで書かれており、Githubというコード公開サイトで公開されています。HomebridgeはGitHubで様々なプラグインが有志により日々作成されています。

Apple HomeKitのすごい所

1つのアプリで登録した全てのIoT家電を操作できるリモコンのような使い方ができる

1つ目は「1つのアプリで登録した全てのIoT家電を操作できるリモコンのような使い方ができる」ことです。

HomeKitについている一つひとつのボタンが、登録したIoT家電のスイッチのようなものになります。たとえば照明ボタンを押せば明るさ調整などができます。
また扇風機の電源を入れることや、更には温湿度センサーと連携することで、アプリ上に室温などを表示させることができます。

オートメーションを作って自動化できる

2つ目は「オートメーションを作って自動化できる」ことです。

HomeKitのホームオートメーション機能は、決まった時間やセンサー、もしくは位置情報などを利用したトリガー(通知)を使って、家電同士を連携させることができます。
たとえば、時間を設定して家電を操作するようにした場合、以下のような自動化を設定することができます。

・朝の6時に電気をつける、夜の23時に電気を消す、または決まった曜日に電気をつけたり消したりする
・温度がXX度まで上がったら、エアコン稼働
・湿度がXX%以下なら加湿器をオン、XX以上なら換気扇をオン
・家の中に誰も居なくなったら、電気を消す
・帰ってきたと同時に点灯

このように、組み合わせを増やすほど家電自動化の可能性は広がっていきます。

Apple製品デバイスにホームハブ設定を行えば、外出先から家電操作可能

3つ目は「Apple製品デバイスにホームハブ設定を行えば、外出先から家電操作可能」なことです。

外出先からリモートでホームを自動制御するには、ホームハブ設定したApple製品を家に置いておかなければいけません。
ホームハブとして使えるApple製品は以下のデバイスになります。

・HomePod
・HomePod mini
・Apple TV(第4世代以降)
・iPad(iOS 10.3以降またはiPadOS 13以降を搭載)

上記のデバイスが自宅内で電源ONの状態かつインターネットに繋がっている状態で、iPhoneおよびペアリング済みApple WatchからリモートアクセスするとHomeKit対応アクセサリと通信できます。
それにより、特定の時刻または特定のアクセサリを有効にしたときに、自動的に実行されるシーンをスケジュールできます。帰宅前にエアコンをつけて部屋を冷やす、マンションへ入る前に部屋の照明をつけるなど、防犯対策に使用したりなど用途はたくさんあります。この機能を使いこなせば、外出中でも自宅を安全に制御することが可能となります。

また、複雑なオートメーションを立ち上げることができます。たとえば、帰宅に備えてライトが点灯すると同時に玄関ドアが開錠するよう設定してみてはいかがでしょうか。
Apple HomeKitをコントロールできるのは、ホームアプリで招待した人(パートナーや子どもなど)だけですので安心です。

HomeKitは音声(Siri)でも操作できる

4つ目は「HomeKitは音声(Siri)でも操作できる」ことです。

HomeKitは音声(Siri)でも操作できます。
SiriはAppleのもつ音声アシスタント機能の一つです。Googleであれば、Google Assistant、AmazonであればAlexaなどが該当します。
ホームアプリ上で認識されたボタンに関しては全て音声(Siri)で操作することができます。

ただし、複雑な命令にSiriは対応できないので、スイッチのオンオフや温室度状況確認程度の機能です。アプリを開かなくてもiphoneに話しかける事で照明がついたり、テレビを消したりできるのはとても便利です。

音声でライトをコントロールする方法

電気をつけたいのに手がいっぱいでスマートフォンを操作できない場合、かわりにApple HomeKitから音声でPhilips Hueスマートライトを操作します。 やり方は簡単で、自分の Apple デバイスからSiri に呼びかけるだけです。
Apple HomeKit 対応アクセサリを持っているiOSデバイスから、どれでも安全かつ簡単にコントロールできるようになります。そのため、最大50 個のPhilips Hue ライトを自分の声で接続・コントロールすることが可能です。

Apple HomeKitでPhilips Hueライトを設定する方法は以下の通りです。

①Philips Hue app を開き、設定 > HomeKit & Siri へと進む
②Hue Bridge のペアリングをタップ
③自宅に名前をつけ、自宅の作成 (Create home) をタップ
④アプリがカメラを開き、Hue Bridge の下部にある ID をスキャン
⑤ホームアプリで初期設定されている部屋にライトが表示
⑥ライトを各部屋に整理してグループ分けし、自宅で実際にライトが配置されている様子を反映させる
⑦「Hey Siri!」と声をかけ、音声だけで全て操作
(スマートライトの点滅や明るさ調整、色変更、ムービーナイト用にシーンセットなど)

Apple HomeKitでPhilips Hueライトを設定してできることは以下の通りです。

時間設定で好きな色のライトをつけられる

1つ目は「時間設定で好きな色のライトをつけられる」ことです。

アダプティブライティングを使用すると、時間に合わせてライトの色温度が自動的に調整されます。たとえば、日中は集中力を高めるクールな白色、就寝時に徐々にリラックスできるよう夕方以降は温暖にするなどです。

HomeKit対応アクセサリ持ちのiOS デバイスから、対応家電を安全かつ簡単にコントロールできる

2つ目は「HomeKit対応アクセサリ持ちのiOS デバイスから、対応家電を安全かつ簡単にコントロールできる」ことです。

Apple HomeKit を使用するとPhilips Hueを含むHomeKit対応アクセサリ持ちのiOS デバイスから、対応家電を安全かつ簡単にコントロールできるようになります。
ホームアプリからアクセサリを追加し、Philips Hueライトをコントロールするだけでなく、プレイリストの次の曲へ飛ばす操作もできます。

通販などで手に入りやすいAppleのHomeKit対応製品

通販などで手に入りやすい、AppleのHomeKit対応製品を紹介していきます。

Eve Motionワイヤレス人体感知センサー / Apple HomeKit対応

1つ目は「Eve Motionワイヤレス人体感知センサー / Apple HomeKit対応」です。

Apple Storeにも並んでいるElgato Eve の人感センサーです。スタイリッシュなデザインですので、Apple製品と親和性もあります。人感センサーとは、人の行動に応じてトリガーを実現できるジャンルです。
トリガーとは、何かを動かす、起こすための「きっかけ・原因」です。
たとえば、トイレに設置すると、トイレに入った時だけ照明がオンになりますので、消し忘れることがありません。

Eve Door & Windowワイヤレス 開閉感知センサー / Apple HomeKit対応

2つ目は「Eve Door & Windowワイヤレス 開閉感知センサー / Apple HomeKit対応」です。

Elgato Eve のドア開閉センサーで、開閉を検出することができます。ドアに設置すれば人の入室を管理したり、窓に設置すれば防犯としても活用することができます。これらのトリガーをHomeKitのオートメーション機能で組み立てることで、扉が開いたら電気をつける、扉が閉まったら電気を消すといったことが可能になります。

HomeKitに対応するスマートブラインド「Eve Motion」の発売発表

2022年初頭から、ブラインドの小売企業と協力して、Appleが提唱するスマートホームのプラットホーム「HomeKit」に対応するスマートブラインド「Eve Motion」の販売を開始するとEveが発表しました。
Eve MotionはGoogleやApple、Amazonなどがスマートホーム統一規格として策定したMatterが採用する通信プロトコルに準拠し、また独自のホームハブが不要です。

EveはHomeKitに対応する多数のスマートホーム製品を販売しており、日本でも温度・湿度計、環境センサー、スマートボタン、窓の開閉センサーなどを販売してきた実績があります。
日本国内でHomeKitに対応したスマートブラインドはIKEAが開発した「FYRTUR(フィルトゥール)」です。これはホームアプリなどから操作するアイパッドなどの専用ホームハブが必要であり、単体で対応する製品はありません。
そのため、Eveは数少ないHomeKit対応製品の多様性を確保する重要な役割を担っているといえるでしょう。

まとめ

今回はスマートホームをスマホ1つで実現させるAppleの「HomeKit」について解説してきました。以下、まとめになります。

・HomeKitとは、iPhoneをはじめとしたAppleのiOS搭載機器でスマートホームを実現するための仕組み
・Homekit対応製品には「Works with Apple HomeKit」のマークがついており、HomeKitのホームアプリに登録することで、はじめてApple製品から操作可能になる
・HomeKitは複雑なオートメーションに対応でき、Appleの音声アシスタント機能「Siri」によりホームアプリ上で認識されたボタンに関しては全て音声操作可能

日本で購入できるHomeKit対応製品の数は少ないので、それだけでは充実したスマートホーム実現は難しいのが現状です。しかし、Eveのようにハブが必要ないHomeKitに対応する多数のスマートホーム製品も出始めるなど、スマホ1つでスマートホーム実現化は増々進化していくのではないでしょうか。
スマホに話しかけるだけで家の全てが自動で動き出す未来が近づいているのかもしれません。

関連記事

TOP