BLOG

スマートホーム製品の利便性をアップさせるBluetooth接続とは? 使いこなして快適な生活を送ろう

現在、BluetoothはスマホやPCなどあらゆるデジタル機器に内蔵されています。ネットワーク範囲は10m以内程と接続エリアが限られてしまいますが、消費電力が少ないため長時間継続して利用できます。また、ワイヤレスですので、「スマホとイヤホン」「パソコンとマウス」などのように1つの機器を近距離にあ

スマートホームを分類すれば市場の環境整備になる? 検索・閲覧・直接問合せ可能なスマートホームデータカタログ!

スマートホームとは、IoTやAIといった情報技術を駆使し、より安全かつ便利で快適な暮らしを実現した住宅や住宅に装備されたシステムを指します。スマートフォンや専用のデバイスと家電を連携させ、ネットワーク経由で制御する仕組みにより、生活のなかで少し不便だと感じている部分を解消できます。数年前

スマートホームのプライバシー問題とは? 日常会話がサーバ上に漏れ出す可能性もある!

スマートホームを高齢者住宅に使うことで、介護の人材不足を補う手段の一つとなります。たとえば、スマートカメラや人感センサーなどによる遠隔見守りやスマートスピーカーにより声だけでIoT機器を操作することができます。しかし、見守りを監視に感じる高齢者やインターネットに繋げることで情報漏れのリスクなど、

スマートホームのセキュリティガイドラインの目的はサイバーセキュリティ上の技術的な対策と管理項目の明確化

現在、IoT機器や関連システムの開発が様々な産業分野において進んでいます。しかし、安全安心の基準が異なるシステムが相互接続することで、当初は想定していなかったリスクが顕在化することも懸念されています。守るべきものやリスクは産業分野によって違いがあり、各産業分野の特性に応じたセキュリティ対策の検討が必

スマートホームデバイスの市場規模は今後有利に成長していく? スマートフォン普及率増加で加速する市場規模!

スマートホームの市場規模は株式会社グローバルインフォメーションによると、2021年の845億米ドルからGAGR10.4%で成長し、2026年には1,389億米ドルに到達すると予測されています。Report Oceanによると、2020年の世界のスマートスピーカーの市場規模は約71億4,000万米ドル

スマートホームのビジネスモデルはIoEで多様化・変革化する? IoEは「IoTが実現された世界のゴール」

現在、スマートホームのビジネスモデルとしては、エアコンや冷蔵庫、腕時計など、身近なモノがインターネットに情報を伝えるIoTが主流ですが、さらに進化してヒトやサービス全てを内包したIoEが普及されると予測されています。今回はスマートホームのビジネスモデルについて解説します。IoEはインターネッ

スマートホームが実現できる未来とは? IoTの進化とスマートホームの課題が未来化を加速させる!

身の回りのあらゆるものがインターネットにつながることで、私たちの生活を非常に便利にしてくれる新しいサービスが次々と生み出されています。その代表例が「スマートホーム」です。インターネットが当たり前になった現在、スマートホーム化は年々進化しています。家そのものがインターネットにつながり、声(スマートスピ

スマートホームのプラットフォーマーとは? 住宅機能一括管理・制御可能なプラットフォームがスマートホーム化を加速させる!

現在、様々なスマートホームの製品とそれに連携するIoT製品が世の中に出ています。プラットフォーマーによってその便利さを知った私たちにとってスマートホーム製品は身近になりつつあります。スマートホーム製品は世の中にたくさん出ていますが、ただ自動的な機能がついているだけではそれほど魅力を感じません。何

成長し続けるスマートホームの世界市場! 日本発のスマートホーム国際規格開発がもたらすメリットとは?

スマートホームの市場規模は、2020年の783億米ドルから2025年には1,353億米ドルに達し、11.6%のCAGR(年平均成長率)で成長すると予測されています。スマートホーム市場の牽引要因として、インターネット利用者の増加、発展途上国における消費者の可処分所得の増加、遠隔地でのホームモニタリング

スマートホームは健康も管理できる? スマートホーム化された家が抱える問題点とは!

高齢化が進むにつれ、人々の健康に対する興味関心は高まりつつあります。測定した血圧や睡眠データに異常がある場合、病院などに通知する機能は命を守る手段になります。スマートホームは高齢者だけでなく、私たちが健康管理を意識し改革することに繋がるのではと期待されています。今回はスマートホームと健康について解説

TOP